League of Legendsの開発元として知られるRiot Gamesが、セクシャルハラスメントや性差別に関する集団訴訟の和解金として同社の元従業員らに合計1000万ドル(約10億9000万円)を支払うことに合意した事が明らかになった