先輩のフレッチャーさんに管理人がどげz・・・

お願いしてインタビューしてきました!!!




◎ボス狩り職人の朝は早い・・・

「Tree of Saivor」オープンβ&正式サービス開始から2か月程・・・

短期間ながら、このゲームには無数の「職人」と呼ばれる人々が誕生してきた





ハナミン職人、オットセイ職人、見抜き職人……





その対象が何であれ

1つのことに打ち込む姿は例外なく美しく

人々を惹きつけて止むことがない





本日皆さんにご紹介するのはそんな職人の中でも特に

フィールド&ワールドボスをひたすら倒すことを生業とする

ボス狩り職人と呼ばれる職人の知られざる実態についてである



















今回独占取材に応じてくれたボス狩り職人先輩」の近影

その落ち着いた佇まいは職人の貫禄を感じさせる





◎ボス狩りの実戦はどのような感じに・・・?


「まず、各種バフは切らさないようにしていますね」

「クリティカルダメージアップポーション、ディスペラー、攻撃ブースターはいつも持ち歩いています」



「攻撃ブースターは値段の割に効果が薄いと聞きましたが・・・?」





「ダメージが1でも上がればいいんですよ~!」
「ボス狩りってそれを競うものじゃないですか笑」






各種バフアイテム一つ一つは安価だが、それを維持するには大きな出費が必要となる

「ダメージに関しては一歩も譲らない」

その姿勢に、筆者は職人のこだわりを感じた……








「あと、濃縮SPポーションはガブ飲みしてます」
「常にCD待ちが当たり前ですね」

「最近はディルゲレも一緒に食べています笑」

※ディルゲレとポーションはCDが別にカウントされます






ちなみに、「本気を出すと濃縮SP10&ディルゲレでも3分でSPが枯渇する」とのこと

恐ろしいほどのSP消費である






「大変なSP消費量ですね」


「フレッチャーのスキルはCD0で連射できるものがあるんですよ」
「それらを連打していたら自然とSPは枯渇します」

「逆に、レンフレでSPが枯渇しないのは私にはわかりませんね」
「ちゃんとフレッチャーのスキル撃っているのかな…と」








「バーブドアロー」「クロスファイア」(共にCD0)
「マジックアロー」「スウィフトステップ」「ステディエイム」
ボス狩りでは、職人はこの5つのスキルしか使わないとのこと



「マジックアロー」が一番重要で、CD毎にこれを回していく
CDの時間は、ボスがゴーストタイプなら「クロスファイア」
それ以外なら「バーブドアロー」を連打するのが基本だそうだ





◎金策

「しかし、そこまでのお金をどこから得ているのでしょう」



「覚えている限り、ピコハンを最低8本は出してます」
「当時は1本1.5mで売れたので、12mは儲かりましたね」

「あとはディルゲレバブルや転売など…」
「これ以上は企業秘密です笑」







「いつも続けている日課などは?」


「魔族収監所第二区のヌアエーレの間で1時間狩りするくらいかな」
「あそこはシルバーとジェムがそこそこ美味しいんです」 






「あと、日課とは少し違いますが緊急修理キットをバンバン使っています」
「シルバーがもったいないので、修理は課金で済ませていますね」



「えっ…!? 修理を課金で済ませる…(困惑)」


「月の課金額はいくらほどなのでしょうか?」




「それは…(ゴニョゴニョゴニョ)」

「装備の代金とかも魔法スクロールで支払っているので、このくらいになります」



「あっ…ハイ……」



課金額の詳細は伏せておきますが、筆者の月収の3倍以上であったとだけ・・・





◎最後に

「これからフレッチャーを目指す方に一言お願いします」



「とにかくフレッチャーはお金がかかりますが、その分強くて楽しいです」 

「ランキング1位取るのが病みつきになりますよ♪」



「ありがとうございました!」





◎まとめ&その他etc…

◎お金をかけたフレッチャーはつよい

◎欲しいサポートはクロノのクイッケンクリ発生上昇、ティルトルビーのSP消費減少

◎ソサの猫のSP回復量上昇、プリのブレッシング

◎カードはグラスモールを使っている

◎とりあえず、特性は全部50まで上げている

◎始める前にグラバン2個あるとかなり楽。STRによる重量増加等でほぼ必須

◎現在はクロスボウを使っているが、両手弓の方が強いので武器準備中

◎現在ステータス振りはSTR57、CON38、DEX159にポイント振り。30余らせてある